営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6857-7888

 
 
住所

〒563-0034

池田市空港1-12-3

スタッフブログ

   
2017/01/30  サービス  メカニック A.H
オイル交換
A.H
[メカニック]
 

全国1000万人の北大阪ファンのみなさん、こんにちは♪

今日はオイル交換のお話です。

 

僕の車の走行距離は・・・

19万kmオーバー!

と言ってもギネス記録はVolvo・P1800に乗ってられるアメリカの方で、何と450万km!!それに比べるとまだまだ慣らし運転ってとこでしょうか(笑)

ちなみにこちらはオイルフィラーキャップから覗く僕の156のエンジン内部です。

自分で言うのも何ですが、2~3万km走ったエンジンと同等の綺麗さです♪

ちなみにオイル交換サイクルは2000~3000kmで行っています。

過保護???まぁそうですが、やはり最高のパフォーマンスで動いて欲しい気持ちですね。

一般的にエンジンオイルの役割はエンジン内部で摺動する金属部品の「潤滑」と思っている方が殆どではないでしょうか?

厳密に言うと、潤滑 ・ 密封 ・ 冷却 ・ 洗浄 ・ 防錆の5つの役割を果たしています。

 

何故僕は2000kmでオイル交換しているのかと言いますと、エンジンオイルの潤滑機能は新品の状態から約2000kmほど走ると底辺になりそのまま横ばいになると言われているからです。そして、そのまま使用し続けると、エンジンは燃焼や回転運動によって様々な汚れ(スラッジ)が発生するので、この汚れが溜まるとエンジンの性能を低下させるだけでなくエンジンの寿命の低下にも影響します。

エンジンオイルには、これらの汚れが特定の場所に留まらないように自ら汚れを吸着したり分散することも重要な役割となっています。エンジンオイルが黒く汚れていくことは洗浄作用が正常に行なわれていることの証でもあります。

但し、汚れを取り込む量には限界があるために一定期間使用したエンジンオイルは交換が必要なのです。それらを踏まえて僕は最高のパフォーマンスを得られる2000kmを目処に交換しています。

 

この努力(?)で内部の摩耗やスラッジの蓄積が最小限になるのでいつまでも変わらぬパフォーマンスを発揮してくれるのです。

 

もちろん2000kmで交換しないといけない訳ではありませんがオイルの知識としてご紹介させていただきました。

 

北大阪では更なるコンディション向上のために厳選されたオイル添加剤もご用意させていただいております。パワーアップにつながるものではありませんが、間違いなく車には優しいですよ♪

 
2017年01月(32件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る