営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6857-7888

 
 
住所

〒563-0034

池田市空港1-12-3

スタッフブログ

   
2018/06/16  サービス  メカニック O.Y
グランツーリスモ
O.Y
[メカニック]
 

今回はサブカル的な内容ですがご容赦下さい。

かつてはドライビングゲームと銘打っていたグランツーリスモⒸですが、現在はドライビングシュミレーターとして発売されています。

その最新作グランツーリスモスポーツ。先日大型アップデートがあり、FIATの名車フィアット 500 F '68が追加されました。

梅雨の夜長、PS4をお持ちの方、チンクで世界各地のサーキットを走ってみてはいかがでしょうか?

 

 
   
2018/05/29  ショールームダイアリー  メカニック O.Y
黒部峡谷
O.Y
[メカニック]
 

富山県には美しい山脈の立山連峰があり、宇奈月温泉の奥には清流黒部川沿いにトロッコ列車が運行されています。

現地までクルマで行って、ちょっと変わった

”パーク&ライド”はいかがでしょうか?

元はダム建設のための資材運搬用の路線でしたが、観光用に一般開放されて欅平まで1時間半の行程を走ります。

トロッコ客車は簡素な座席ですが、開放感抜群の展望を楽しめます。
ダム湖の発電施設にはこのようなヨーロッパの古城を模したおしゃれな建物もあります。イタリア車と一緒の2ショットが押えれる場所があればよいのですが…
エメラルドグリーンのダム湖は絶景です。

マイナスイオンいっぱいの森林浴を楽しみながら峡谷美を堪能できます。

お車では宇奈月温泉まで、大阪(吹田IC)から北陸道で黒部ICへ382km。そこから13kmです。

http://www.kurotetu.co.jp/accessMap/

おまけ。

宇奈月温泉の街中には源泉が噴出している温泉の噴水があります。古代ローマ人は温泉好き!!イタリア人と日本人とやはり感覚が合うのかもしれませんね

 
   
2018/05/21  サービス  メカニック O.Y
黒部立山アルペンルート探訪
O.Y
[メカニック]
 

先日、休暇を利用してアルペンルートにいってきました。

たまにはクルマを置いて列車の旅もよいものです

もうお察しの通り、

私はクルマと同じように電車も好きなんです

イタリア車好きな人はだいたい乗り物好きですよね

バイクだったり自転車だったり

今回は列車でお出かけです

早朝に出発しますとお昼過ぎには長野県松本に着きました。

さらに北上して信濃大町から扇沢まで移動。

既に標高は1433メートル。

 

 

あなたのフィアット、アバルトもここまでなら上がってこれますよ

この先は険しい渓谷で道路は整備されていません。

交通手段は、黒部ダム建設時につくられた資材運搬用のトンネルを利用したトロリーバスのみ。

このトロリーバスは排気ガスを出さない電気バスで、架線(トロリー線)から集電し走行します。

電車のパンタグラフがバスの天井についてると思ってください。その為法規上鉄道扱いです。

黒部ダム到着。定番のスポットでパシャリ。

ダムの上を徒歩で対岸までわたり、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継いで、標高2450メートルの室堂へ。

辺り一面銀世界。

しばし、辺りを散策。この辺りは「雪の大谷」と呼ばれる観光スポットで、春に除雪が始まり、アルペンルートが開通すると、高さ20メートルにもなる雪壁の横を高原バスが走ります。

美女平まで15kmほど高原バスに乗車、室堂との高低差は1473メートル。

美女平からケーブルカーに乗り山を下ります。あとは富山地方鉄道で富山市内へ。

扇沢で車を預けて往復も可能です。

詳しくは下記HPへ。

https://www.alpen-route.com/about/

自分は翌日、宇奈月温泉まで足を延ばし黒部峡谷鉄道に乗車するので、一泊します。続きはまたの機会に。

 

 
   
2018/04/24  サービス  メカニック O.Y
日本三景 松島の旅
O.Y
[メカニック]
 

日本三景とは

「安芸の宮島」

「三保の松島」

「天の橋立」の三景の事です。

先日、休暇を利用して一泊二日の小旅行で松島まで行きました。

生憎の天気でしたが、日本有数の観光地とあって、

国内外からの観光客でいっぱいでした。

とにかく海が綺麗。

遊覧船で島々を回るツアーも最高。

震災の被害から7年経過し、

その痕跡はよくよく見ないとわからないくらい

松島は復興して活気にあふれていました。

 

グルメも堪能。

生牡蠣、焼き牡蠣、

それから牛タン。

今回は弾丸旅行の為、飛行機で行きましたが、

じっくり時間があれば愛車で巡っていただきますと

お手軽に立ち寄りできる場所も増えて

更なる発見や出会いがあるかもしれませんね。

 
   
2017/02/16  サービス  メカニック O.Y
オーナーさまの愛車紹介
O.Y
[メカニック]
 

今回は数年前までほぼノーマルでお乗り頂いていた

FIAT500の進化をご覧いただきます。

フロント廻り。

リップスポイラーがカーボンタイプになっています。

サイドシルエット。

サイドスポイラーとリアアンダースポイラーも

フロントと同じくカーボンタイプを取付け。

ゲート上のリアスポイラーは

アバルトタイプの大型スポイラーを取付け。

足回りは車高調を取付け、

アバルト用アルミホイールの内側には

対向4ポットの大型ブレーキを装備。

極めつけはインテリア。

オールレザー&アルカンターラ。

特注で前後シート、ドアトリム、ダッシュボード、フロアと天井まで赤に統一。

ポイントで緑のレザーノーマル白いステアリングまわりでイタリアンカラーにコーディネイト。

おクルマのカスタマイズは多岐にわたります。

FIAT500だけに限らずアルファロメオ、アバルトでも

このような仕様にも対応しております。

ご相談は北大阪支店サービス担当までお願いします。

 
2018年06月(20件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページ上部に戻る