営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6857-7888

 
 
住所

〒563-0034

池田市空港1-12-3

スタッフブログ

   
2016/12/11  サービス  メカニック M.K
プントにもう(ほんとにもう)!
M.K
[メカニック]
 

本日はめっきり数が少なくなってきたプント(188型)のエンジン周りの修理です。

 

この型のプントは1200ccですが、1気筒あたり4バルブでCVTとの相性も良く非常にキビキビと爽快な走りをしてくれます。

漏れている箇所はシリンダーヘッドです。

 

このエンジンはシリンダーヘッドが2階建て構造になっています。その1階と2階の間にはガスケットがありますが、ここのシール性が落ちてオイル漏れを引き起こしていました。この部分が漏れるとエキゾーストマニホールドにオイルがかかり非常に危険です!

指している箇所です↓↓↓

シリンダーヘッドの2階にはカムシャフトが入っていますので、もちろんタイミングベルトの取り外しが必要になってきます。

 

それよりも大変なのが・・・インテークマニホールドです。

 

写真上部の黒い樹脂の部分で、エンジンに向かう空気の通路の役割をしています。シリンダーヘッドを取り外すには真上まで覆い被さっているインテークマニホールドの取り外しが必要になります。ボルトが裏側から止まっていて、これを緩めるのが大変なんです・・・。

ふう、何とか外しました・・・。

このエンジンの特徴はインテークマニホールドにヒーターホースがつながります。ですのでインテークマニホールドに冷却水が通る通路があり、そこにはパッキンが取り付けられています。写真で見ると中央付近のオレンジ色のパッキンです。

 

よく見ると周囲に緑色の粉状のものが付着しています。これは冷却水が漏れて固まった跡です。このパッキンも交換が必要ですね。

取り外した箇所のパッキンは全て交換し2階部分をドッキングです。

締め付けはトルクレンチを用いて均一に規定トルクで締め付けます。

ゴールは間近です!

恒例(?)作業前と作業後です。

 

バッチリ蘇りましたよ!また元気いっぱい走ってください♪

 
2016年12月(32件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部に戻る